私とのんのんびより

もしかしてウチ、田舎に住んでるのん?
宮内れんげ(第1話)

 今日のテーマは、先日惜しまれつつ最終回を迎えたテレビアニメのんのんびよりについてです。今期2大ハートフルアニメの一翼を担っていた、心温まるアニメです(前回もそれ聞いた)いやー今期はよかったね。というか今年はハートフルアニメの年だったよね。そんな2013年を締めくくる最強の癒しアニメ、のんのんびよりを今日は語りましょう

 なんか熱いな今日は。最強って。最強はひだまりだよね(いやそういうことじゃなくて)のんのんびより。原作はあっとさんの同名の漫画で、コミックアライブに連載されています。CMでよく聞いた「コミックアライブなのん!にゃんぱすー」っていうあれですね。個人的には後半のCMでやってたやる気のないにゃんぱすーが好きだったんですがそれは別の話。話的には小学5年生のほたるんこと一条蛍ちゃんが生徒数4人の旭丘分校に転校してくるところから始まります。そこからいろいろ、鬼のまねをしたり、れんちょんのまねをしたりしたりしつつ、最終的には先輩の料理で昇天して終わりという話です(違います)ちなみに2つの意味で昇天します(だから違うって)

 さて、ほたるんのことばかり書きましたがこの作品は明確な主人公は存在せず、ほたるんを含めて5人の生徒が話によって等しく見せ場があります。ほたるんも別に物まねばっかりしてるわけじゃないです(そりゃまあね)こまぐるみも作ってます(そこか)お正月バージョンも作りますよ(だからいいってそこは)まあこまちゃんかわいいからね。ちっちゃくて持ち運びしやすそうだし。今期一番かわいかったね。え、2?2位は冴木まことちゃんだよ(なんか前は星月ちゃんって言ってた気が)こまちゃんこと越谷小鞠ちゃん。1話の時は特に目立つこともなく日記でもほたるんにしか言及してない状態だったのですが、2話での小3程度にしか見えない姿(自称大人っぽいワンピース)でこいつやべえ…となり、3話の回想でなっつんを元気付けながら帰るお姉さんらしいところですっかりやられてしまいました。後半になるにつれ次第にただのぽんこつみたいになってしまったこまちゃんでしたが、魅力のあるキャラクターでした

 ちなみにぽんこつには「ぽん!ぽん!ぽこ!ぽん!」という意味も含まれている(全然分からない)次は主題歌。主題歌よかったねー。OPはnano.RIPEの「なないろびより」です。彼ららしい爽やかさを感じる曲ですが、歌詞の途中にある「片っぽになった靴が示すは晴れ」っていうフレーズがなんかすごく好き。そういう古き思い出を想起させるところがそもそもこのアニメの魅力だったのかもしれないですね。EDは生徒たち全員による(兄ちゃんに謝れ)「のんのん日和」です。兄ちゃんは多分ギターで参加してるんだと思います(適当なことを…)今期上位に入る素敵なEDでした

 そんな素晴らしいアニメでしたよ。最後にこのアニメとの出会いですが、実はいつものパターンのように放送開始前に公式サイト見てこれよさそうだなーって思って録画し始めるのではなく、実は放送前から知っていました。以前私と癒し系という記事を書いたとき、拍手コメントで「次に始まるのんのんびよりを見ろって友人がうるさいので黙らせる方法を教えて下さい」というコメントをもらったのです。これで注目することができたのだから、サイトやっててよかったなぁ(そういうことなのかな)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る