私と台詞

記憶の天秤にかけた一つの傷が釣り合うには 百の愛を要する
けれど心は海岸の石のよう
波にもまれたくさんの傷を得ることにより 愛は形成されてゆく
L'Arc-en-Ciel「虹」

 今日のテーマは台詞です。よく分からないテーマですがほんとにそれで書けるんですか?まあ書けなければ脱線して「感動したドラえもんの台詞」とかでも書いておけばいいのですけど(何のためのテーマだ)理由としては昨日、GLAYの「RAIN」におけるながーい英語の台詞についてX JAPAN(当時X)の「ENDLESS RAIN」みたいだなって書いた時に、そういや台詞付きの曲っていろいろあるよなーとか思ったのです。ということでそんな感じで始めます

 まずはそのXから。XおよびX JAPANはやたら英語の台詞が登場しますね。しかもボーカルのTOSHIさんではなくドラムのYOSHIKIさんが急に出てきてむにゃむにゃと喋りだす。素晴らしい(素晴らしいんだ?)先述のENDLESS RAINとかSay AnythingTearsとかですね。Tearsに至ってはなんかずーっと喋ってておいちょっとそこのドラマー黙らせろって思ってるうちに総演奏時間が10分を超えているという素敵な曲です。…いや冗談ですよそんなこと思ってないですよ

 台詞だけじゃない!ってことで「Rusty Nail」ではラップが登場します。YOSHIKI先生のラップが聞けるのはRusty Nailだけ!と言ったかどうかは定かではありませんが(絶対言ってないだろ)なぜラップ…?ラップで世界を変えたくなったのでしょうか。あとTOSHIの立場は

 でもまあそんなXも嫌いじゃないよ。むしろ好き。というかアルバムはまだですか。さて。脱線してきた所で次はどの曲にしましょうかね。L'Arc-en-Cielの「虹」が、個人的にはラルクを初めて知った曲でとても思い出深いのですが、途中に台詞が入ります。hydeさんが何かぶつぶつ言ってます(表現が悪いよ)アルバムバージョンではちょっと声が大きくなります。自信が付いてきたんですかね?何の自信ですか。でも、まあ、いい曲ですよね。まだ地元のローカルラジオで初めて「ラ○×ンシエル(名前聞き取れてない)の虹」って曲紹介を聞いた時のことは少し覚えています。リスナーがリクエスト葉書を虹色に塗ってるとかなんとか司会の人が言っていて、へぇ虹だから虹色…と思っていたけれど、今思えばバンド名と掛かってたんだね

 16年前です。よく覚えてるね。さて偶然ヴィジュアル系に偏ってしまいましたが、他のジャンルにも割とある要素ですよね。まあ最終的に何が言いたいかというと、北川の女装は、これ、ありなのか?ってこと(4日前に聞いたよそれ)これも割と台詞で笑わせる曲でしたね。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る