私と雨

雨は冷たいけどぬれていたいの
思い出も涙も流すから
森高千里「雨」

 今日のテーマはです。雨かぁ…。雨ってあんまり好きじゃないんですよね(いきなりだな)開設した時このサイトは好きなものとかを適当に語っていきたいですねなどと言いながらこれですか。まぁね…100の質問とかでも書いていた通り大都会出身で、降水量が無い日が多いだか日照時間が長いだか忘れましたが晴れの国とか自ら名乗っている、そんな所出身なので晴れてなきゃだめなのです

 雪は好きだよ(ちょっと待て)曇りも悪くない(いい加減にしろよ)さて。雨です。好きな曲として何度も挙げているマイラバの「Hello, Again」にも、1番Aメロで「雨はこの街に降り注ぐ」大サビ前Bメロで「雨はやがて上がっていた」と歌われているように、歌詞としては割と普遍的なテーマとなっている雨。今日はそれについて語っていきましょう。ちなみに「降り注ぐ」の方はL'Arc-en-Cielのhydeさんが大好きなワードで、それこそ西野カナさんの会いたいくらい乱発されているのですが、それはまた別の話

 今日は雨についてです。英語でRAIN(知ってるよそれくらい)GLAYのデビューシングルは「RAIN」というタイトルで、当時GLAYはX JAPANのYOSHIKI主宰のEXTASY RECORDSというレーベルからインディーズでアルバムを出しており、この曲もYOSHIKIさんがプロデュースしています。それどころか作詞:YOSHIKI、作曲:YOSHIKI,TAKUROと、かなり入れ込んでいます。そのため、この曲は後のGLAYからは想像も付かないようなワードが飛び出します。

Can't you stop the rain 涙に濡れた薔薇を咲かせてよ
昨日までの涙を抱きしめて 真夜中の傷跡に"生まれた意味"を問いかける

 こりゃすげえ…涙に濡れた薔薇ときましたか。しかも1番サビが終わった後の謎の英語の台詞!(2:00〜)YOSHIKIさんちょっとやりすぎじゃないですか。でもまあ、いい曲ですよね。ずっと高音を出さずに抑えておいて最後で一気に出すんだよね。あと髪長いな

 個人的にはGLAYはずっと後のシングル「グロリアス」で初めて知ることになるのですが、この「RAIN」でミュージックステーションに初出演しているところを見ると当時から期待のバンドだったんですね。さすが。

 なんか雨というよりGLAYがテーマみたいになってしまいましたが、結局何がいいたいかというと、森高さんって雨より渡良瀬橋の方がいい曲だよねっていうこと(また最後で全否定を…)ではまた!


 ちなみに謎の英語の台詞はこんな感じ。ENDLESS RAINみたい(RAINだけに)

LAYING DOWN OUTSIDE WITH A PAINFILLED HEART
DAYBREAK, GAZING AT THE SKY
THE STAR SHINNING, HOLDS MY MEMORY
APART, YET UNDER THE SAME SKY
I CAN SEE YOUR LIGHT
BUT WHY CAN'T MY HEART REACH YOU
WHY CAN'T MY LOVE BE WITH YOU
YOU JUST SHINE MY SOLITARY HEART
WITHOUT SAYING ANYTHING
I EMBRACE YOUR LIGHT YOUR MEMORY
→TEXTに戻る
→TOPに戻る