146曲目 明日への帰り道

歌:スフィア
作詞:こだまさおり
作曲:町田紀彦
編曲:増田武史
リリース:2012年4月25日(シングル「Non stop road/明日への帰り道」)
こんな曲

 146曲目はスフィアの明日への帰り道です。続けてアニメソングをいきます。これはいい曲だよね。俺がSOPHIA派なのもあるけど(ソフィアじゃないよスフィアだよ)マジか。分かりづらいな。宇宙もの好きとしては宇宙アニメの名作「宙のまにまに」の主題歌もこのスフィアさんが担当しているのですが、今日はより好きな曲であるこの曲にしました。では始めましょう

 さてスフィアというのは、(当時)若手の声優さん4人によるユニットです。若手のミュージシャン5人によるバンドではありません(いい加減SOPHIAから離れよう)声優でアイドルグループを作ろうみたいな、よくあるアレですね。「明日への帰り道」は、結成から3年後の2012年に放送された「夏色キセキ」というアニメの主題歌なのですが、凄いのがこのアニメがスフィアの4人を主役に据えるために作られたアニメということ。一番星の曲みたいな番組発のユニットではなく、ユニットから逆に番組が作られるという。驚いたよね。当時はそんな感じで割と話題先行気味だった「夏色キセキ」、俺は結構好きでした

 まあそれはいいとして。この曲はED主題歌として放送されていました。いい曲だよね。アニメソングにも2種類あって、それこそもうベタベタな「アニソン」みたいなやつ、例えば電波曲やタイトルを4回以上叫ぶみたいなタイプ(今どきあるか?そんなの)または普通にJ-POPとして楽しめるタイプがあると思います。この曲はその分類で行くと後者の曲です。ZONEとかが歌ってチャートの上位に出てきそうな(どっからZONEが出てきた)って思うじゃん?この曲の作曲を担当した町田紀彦さんという方は「secret base」を始めとしたZONEのヒット曲の多くを作曲した偉大な人なのです。それ以外の目立った活動をしておらず、ZONE解散以降は姿を見なかったので、このクレジットを見た時は驚いたな。何の縁で担当することになったのか知りたい

 そんな感じで、J-POP系アニソンの1曲でした。俺はそもそも昔ながらのJ-POPが聞きたくてアニメに流れていったような所があるので、アニソンと言ってもJ-POPに近い方が好きだったりします。昨日の「オトモダチフィルム」にしてもオーイシさんは踊ってるけど曲はJ-POPじゃんか。「明日への帰り道」はその一つの例だと思っています。今日はこの辺にしておきましょう

 完成まであと54曲

←144曲目 孤独な太陽    →146曲目 ?
→TEXT_289 曲一覧に戻る
→TEXTに戻る
→TOPに戻る
コメント等ありましたらWebClapからどうぞ