私と天体のメソッド

この町の空には、
いつも円盤が共にあった──
イントロダクション

 今日のテーマは先日惜しまれつつ最終回を迎えたテレビアニメ天体のメソッドです。先日どころか軽く1ヶ月くらい前ですが、今期はこれのクールだったね。これで秋クールともお別れです。では始めましょう

 天体(そら)のメソッド。原作は無いオリジナルアニメです。原案と脚本は7年前に「sola」を手がけた久弥直樹さん。なるほど。だから天体と書いてsolaのメソッドなわけだな(それはどうかな)だからトマトしるこが出てきたわけだな(それは出てないな)奇しくもこの作品でもキーワードとなった7年前。これはもう運命だよね

 いいから本編に戻ってください。話的には、主人公であるところのののかちゃん、古宮乃々香ちゃんが、幼少期に住んでいた町である霧弥湖町に戻ってくるところから始まります。霧弥湖町は7年前に謎の円盤が出現して以来現在にいたるまで「円盤の街」として栄えている町。そこを舞台に、円盤と、円盤となんか関係があるらしい謎の幼女ノエルちゃん、双子のきょうだいである柚季ちゃんと湊太くん、看板娘のこはるちゃん、ヘッドホンの汐音ちゃんあたりを中心として、時にはビンタ、また時にはビンタ(ビンタばっかりかよ)しつつ、最終的にはみんなでにっこりなアニメです(違います)どんなアニメだよ。ビンタの応酬でどうやってにっこりするんだよ

 確かに。ビンタばかりではなかった。ののかちゃんが200kgパンチで柚季ちゃん倒してた(200キロでもないし倒してもないから)と、こうしてみるとなんかバイオレンスなアニメのようですが、実際には幼少期に掛けた願いを軸に、変わってしまった各々の状況と、それでも願いを叶えようとがんばるノエルちゃん、友達のために頑張るののかちゃんたちがきらきら輝くきれいな作品でした。そういうの好きだよね。そして最後には頑張りが報われて幸せで終わってほしいよね。結局そういうことですよ。そうあってほしいのです

 主題歌は。早いうちからこのアニメが今期主題歌大賞となることは日記でも予測していました。OPはLarval Stage Planningによる「Stargazer」。Larval〜とはI've系のソロユニットらしいですね。サビの長い曲で、サビの途中から違う展開をする凝ったつくりで好き。歌詞に一番星というフレーズが登場する今期一番星ソングだったことも日記に書いてたね。EDはfhanaによる「星屑のインターリュード」。これ今期No.1EDにして今期No.1主題歌だったよね。fhanaさんの主題歌でもtiny lampの次に好きな曲でした。fhanaさんついにアルバムを出すそうで、このアニメ関係無いですが楽しみです

 ということで天体のメソッドでした。最終的にに何が言いたかったかというと文化祭でプラネタリウムを作るアニメは名作(またまにまにかよ)fhanaが主題歌のアニメは名作(それはある)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る