私といきものがかり

誰もいない静かなホーム 不意に君が手を握り返した
「元気でね…」つぶやいた声に 黙ってうなづいたよ
もうベルは鳴り始めていた
いきものがかり「KIRA★KIRA★TRAIN」

 今日のテーマはいきものがかりです。風が吹いている確実に俺たちの方へ…みたいなね(みたいなねじゃねえよ)ソチの開会式のあとでNHKでオリンピックソング特集やってて見たのですよ。ロンドンがそうだったねーうんうん。では今日はそんないきものがかりさんについて語ります

 いきものがかりとは2005年くらいにデビューした3人組のグループです。違った。2006年だった。そういえばちょうど研究室にいた頃だったね。よく覚えてる。いきものがかりの女の子はあれどうなんだというテーマで研究室で朝まで討論してたっけ(どうなんだって何だよ)ボーカルのきよえちゃんはちょっと上だけど大体同じくらいの世代で(でもなんか7歳とか言ってたよ)親しみがあったのですよ。あの頃の新人ではチャットモンチーと人気を二分していたはずです。俺の研究室内チャートでは

 集計範囲の狭いチャートだなそれは。デビュー曲はSAKURAで、以前選んだローマ字の名曲100選にも選ばれた名曲です。明らかに5曲しか選んでないようにしか見えないけど。歌詞中に小田急線という言葉が登場するなど地元色の強い曲です。ちなみに俺も神奈川にしばらくいたこともあり、小田急線には一度も乗ったことがありません

 なんだよ。じゃ書くなよ。そんなこんなで翌年ファーストアルバムである桜咲く街物語を出します。で、1曲目がそのSAKURA、で2曲目がKIRA★KIRA★TRAINというふざけたタイトルの曲だったわけですね。なんだこれは。タイトルふざけてるのに超絶名曲じゃねえか。なんか2曲目にしてアルバム終わりそうな雰囲気の曲だけど。未だにその時のことはよく覚えていて、今でも一番好きな曲を選ぶとすればこれになると思います。いきものさんのベスト作るとしたら最後の曲はこれになるな。最後から2曲目の曲に超バラード入れて、これで爽やかに終わらせる。最高だな

 またこのアルバムは12曲目に入り「そろそろ終わりか〜」とか思ってたらいきなり野郎の歌声が流れてきて大爆笑したりと、いろいろと衝撃のあるアルバムでした。やっぱり学生時代のほうがそういう感受性が強いよね。まあそんな理由もあるのかどうかなんですが、サードアルバムを最後にいきものさんちょっとご無沙汰になっています。いかんなぁ。ベストすらスルーしてるもんな。ということでちょっと4thアルバムから復帰していかないと。久しぶりにふたりとか聞きたい

 ということでいきものがかりさんでしたが、最終的に何が言いたいかというと最後のドリカム編成バンドがんばってくださいってこと。確かにドリカム編成バンドは崩壊する運命だもんね…ということでこれからもがんばってください。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る