私とL'Arc-en-Ciel

「最近のラルクは踊るんだよ」
「これ合成じゃん」
L'Arc-en-Ciel「STAY AWAY」CM

 今日のテーマはL'Arc-en-Cielです。100の質問19問目の3大グループを連続で攻めて行きましょうということです。優先的なものも無いし。昨日のglobeで思ったのですが、思い入れが強いと書こうとすることが多すぎて発散してしまうということが分かりました。結局アルバム1枚を語りつくす的な記事の方がぶれなくていいんだよね。それもそれで書きたいけれど、でもまあ1つ書いちゃったし他のも行っときましょうよ。なのでまたしても90年代になりますがお付き合い下さい。

 L'Arc-en-Ciel。1994年にデビューし、来年デビュー20年を迎えるバンドです。ちなみにデビュー曲である「眠りによせて」はVHSでリリースされるという特殊なデビューでした。でもよかったねVHSで。ベータならラルクも今の地位にいなかっただろう(94年でベータは出さねえよ)そこから1stアルバム「Tierra」、1stシングル「Blurry Eyes」と立て続けに出していくのですが、VHS→アルバム→シングルという順番。特殊すぎる。いやでもよかったよこれがもしベータ→アルバム→シングルだったら

 しつこいよ。2年後発表される3枚目のアルバム「True」でバンド初のミリオンを達成します。すごい。もうこの時点でトップバンドと言っても過言ではない位置にいたのですが、当時はまだ名前も知りませんでした。時は1996年、既にヒットチャートを追っていた割にはうかつなものです。GLAYの「グロリアス」だかGLORIOUSの「グレイ」だかは知ってたのに(知ってねえじゃねえか)

 スピッツの「ロビンソン」だかロビンソンの「スピッツ」だか(もういいよ)そこから半年の活動停止を経て、シングル「虹」で初めて知ることになります。この辺りの経緯は確か私と台詞で書いたのですが、その通りこの曲は途中に語りの入る曲です。名曲。さてこの曲でサポートドラムをしていたyukihiroさんが次の「winter fall」で新メンバーとして加入し、現メンバーとなります。つまり俺は前ドラムのsakuraさんについて何一つ知らない。割と長いこと好きなのに未だに自分がにわかな気がしてならないのは、きっと他の2グループに比べてデビュー当時を知らないのが大きいんじゃないかって思うのです

 いやにわかは否定されるものではないと思うけどね。さて、前の記事にならって好きな曲。割と迷うのですが、Trueに収録の「the Fourth Avenue Cafe」です。バンドの音に合わせてピアノの音が全体的に聞こえるのですが、バンドに絡むピアノの音ってなんか好きなのです。この曲はそれに加えて管楽器も入り非常にゴージャスな曲です。そして聞きやすい。Trueは全体的に聞きやすい曲が揃っており、一番好きなアルバムもベタながらこれになります。最初に聞くアルバムとしてもHEARTと並んで非常に適した、まさに全世代対応型のオールマイティなアルバムです

 ということで終わりですが、最後に何が言いたかったというと、昔はよかったなんていわないで(こんだけ昔のことだけ書いておいて…)最近の曲も好きだけどね。「Bye Bye」とかなんかtwinkle, twinkleみたいな明るい雰囲気を感じて好きだったなー。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る