私とSOPHIA

この空高く広がる想いのままに全てを愛せたならば
夢も今もその胸のぬくもりさえも この羽根に乗せて
そう 歌う Eternal Flame
SOPHIA「Eternal Flame」

 今日のテーマはSOPHIAです。理由はSOPHIAの話出たばっかりだし。ああ…まあ確かに出てたけど、それでいいのか?スフィアって書いてあるけど。ほんとだ。つい間違えちゃう。名前似てるもんね。見てくれもなんとなく同じような感じだし(同じじゃ…ないと思うよ?)

 SOPHIAというのは1995年にデビューした5人編成のバンドです。当時力を得ていた、いわゆるヴィジュアル系界隈のバンドの1つでありながら、キーボードのメンバーを擁していたり、デビュー曲であるヒマワリに見られるようなヴィジュアル系らしからぬ歌詞を歌っていたりとずいぶん歌謡曲寄りの異色なバンドだったのではないでしょうか。そもそもヴィジュアル系風のいでたちであったのも初期の初期だけで、後はなんか普通の兄ちゃんみたいな感じになっていったのですが

 そんなSOPHIA。最初に知ったのはこれは明確に覚えていて、文化放送でのラジオが初めてとなります。SOPHIA松岡充のCome on FUNKY Lips!という番組の第1回放送で、確かその時はゲストでメンバーが来ていたかな…当時はアルバム「little circus」を発売した頃で、放送開始して少し後にシングルカットした「街」が大ヒットを記録するという、まさにこれからという時期でした。結局このラジオ番組を5年間もすることになるのですが、中学高校時代、基本テレビっ子だった俺のラジオ時代常にそこにあった番組でした

 little circusといえば。SOPHIA史に残る名盤じゃないですか。SOPHIA史ってまた狭い歴史だな。後のSOPHIAはたまに難解な曲も作るようになるのですが、このアルバムは全曲が聞きやすく、最初にここから入るととても入りやすいという、そんなアルバムです。最初と最後がキーボードによるインスト曲で開幕と閉幕を模しているといった風に、全体的にタイトルのサーカスをモチーフにしているそうですよ

 曲芸商法だ(違うよ)何を言っているんだよ。さてそのSOPHIA、一時期キーボードの都さんが悪性リンパ腫にかかり活動を休止するというニュースが報道され、本当に驚いたものです。休止とは言うけどこんなの悪い予感しかしないじゃねえかっていう。しかしさらに驚いたことに半年ちょっと後に彼は復活します。がんを克服したという言葉と共に。なんといい話だろうかー!そしてさらに驚いたことに(驚きっぱなしだね)その2年後の今年、バンドは活動を停止すると発表したのです。俺の中でのSOPHIAはここで止まっています

 ということで語ってきましたが、そのような理由で今はボーカルの松岡さんを世界ふしぎ発見で見ることくらいしかなくて寂しいです。寂しいのは分かるけどなぜ世界ふしぎ発見…?謎ですね。それが一番ふしぎだって話ですよね。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る