私とアイドル(後編)

「若かったあの日」といつか笑えるような毎日を過ごしたい
モーニング娘。「Do it! Now」

前編はこちらです

 今日のテーマはアイドルです。理由はアイドルになりたい(もういいよ)はい。昨日に続いてパート2です。パートスレ氏ねってね。そんなこと言わないで下さい。で、昨日はどこまで言ったんだっけ。HITOE's 57 MOVEについて語ったんだっけ(多分語ってないね)仁絵ちゃんに対する愛を(だから語ってない)確かに、曲は好きだったけど個人への思い入れって無かったな。年が近いというか生まれまでほとんど一緒だった島袋ちゃんが割と親近感あった。でもあの子が一番かわいかったのは解散後だよね。Treasureの頃

 時を前後して97年。モーニング娘さんという方がオーディション番組ASAYANから登場します。このグループがとても思い出深い。もともとコムロギャルソンあたりの時代からASAYANはずっと見ていて(コムロギャルソンがそもそも何かということになると長くなるので省略します)その流れで見ていたに過ぎないのですが、好きなタレントとかそういうカテゴリだとあれがピークだったような気がします。曲的には2期メンバーが入ってから3期の後藤さんが入るまでの期間、いわゆるセカンドモーニングの頃が一番好きで、真夏の光線の矢口ちゃんとか大好きだったな

 その後アレンジメントにダンス☆マンを迎えたLOVEマシーンでブレイクし、一気にスターダムにのし上がると共に楽曲としてはそれほど興味は無くなりますがタレントとしては好きな時代が続きます。当時大都会岡山では火曜の午前3時〜4時に派生ユニットタンポポのラジオをしており、それを聞いて翌日7時だかに起きて学校に行くという滅茶苦茶なことをしていたものです。若いって凄い

 そして2002年夏の改編。あれにドン引きしたせいなのかどうなのかは今となっては覚えていませんが、大体2003年以降、それまでのモーニングさんへの思い入れが段々と無くなっていきます。には2004年ごろまでいたけど。そして同時にアイドルグループへの興味もそれほど無くなってくるのです。当然今でもCDTV見たりとかして名前は分かるし、AKBとか聞きながら「ちょっとカチューシャ名曲過ぎるな」とか思ったりするのですが(AKBって曲は正統派アイドル歌謡だよね)今や9nineとbump.yの違いすら分からない(いたね)うみにちゃんがいるグループとなっちゃんがいるグループ…どっちがどっちだったか

 桜庭ななみちゃんが6代目なっちゃんしてたのとかもう誰も覚えてねえよ…でも結構好きだったなーまだ生きてるのかなー。てことで、2日に渡って語ってきたアイドル史でした。上記Do it! Nowとはそのモーニングさんが2002年…好きだった最後の頃に出した曲ですね。懐かしい。ということで最終的に何が言いたいかというと、矢口とかどうしてああなったんだろうな(いきなり現代に戻ってきたな)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る