159曲目 MONEY

歌:浜田省吾
作詞:浜田省吾
作曲:浜田省吾
編曲:町支寛二
リリース:1984年10月21日(アルバム「DOWN BY THE MAINSTREET」)
公式ライブ映像

 159曲目は浜田省吾さんのMONEYです。ここで浜省ですよ。邦楽3大サングラスのボーカリストのひとりだよね。サンプラザ中野くん、アルフィー桜井さん、鈴木雅之さん、CHAGEさん…(3大じゃないのかよ)意外といるなグラサンの歌手!まあそれはいいとして、この企画で浜田省吾さんの曲が来ると思った人はあまりいないと思います。俺も驚いてる。そもそもこのサイトで浜田省吾さんの名前が出たのは初めてではないだろうか。今年の100曲はそういう意外なところからもいきたい

 この曲は、クレジットの通りシングル曲ではないのですが、ライブでは定番になっている代表曲らしいです。確かにライブで盛り上がりそうな曲だよね。で、この曲、浜省の曲なんて「誰もが〜ウォーウォー」くらいしか知らない俺が(「悲しみは雪のように」のこと?)いつ知ったのか。それはラジオでした。オールナイトニッポン。正確に言うと2000年6月27日放送、加藤晴彦のオールナイトニッポン。ここで酔っぱらいのおじさん3人が熱唱していたのです。この回は、ゲストに福山雅治さんとTMレボリューション西川貴教さんが来ていて、3人で酒を飲んでべろんべろんになりながら放送したある意味伝説の回でした。いや本当好き。聞いたことのあるオールナイトニッポンで最高の回だと思う。なので未だにMP3にしたその回の放送を聞くことがあります

 その時に西川さんが言っていたことには、この曲にはすべてのロックミュージシャンのスピリットが入っているとのことでした。まあそれは酔っぱらいの戯言なのでいいとして(失礼なことを…)この曲は、金に翻弄された主人公が、いつか「奴ら」にビッグマネーを叩きつけてやると宣言する曲です。「俺は何も信じない」。ロックだな。Wikipediaによるとこの曲の歌詞にて「ドンペリニヨン」というワードが金持ちの象徴として登場したによって、多くの人がドンペリというものを知ったというエピソードがあるらしい。へー。そういうの面白いよね。あとは、俺はずっとこの曲を上記の酔っぱらい3人が歌っていたものしか知らなくて、本物は最近になって初めて聞いたのです。すげーいい曲だな。それが言いたかった。歌声がいいよね。まあ、この曲と「誰もが〜ウォーウォー」くらいしか知らないんだけど(もういいよそれは)ということで今日はこの辺にしておきましょう

 完成まであと41曲

←157曲目 Diamonds    →159曲目 ?
→TEXT_289 曲一覧に戻る
→TEXTに戻る
→TOPに戻る
コメント等ありましたらWebClapからどうぞ