127曲目 黒いブーツ〜oh my friend〜

歌:SOPHIA
作詞:松岡充
作曲:松岡充
編曲:SOPHIA
リリース:1998年11月26日(シングル)
こんな曲

 127曲目はSOPHIAの黒いブーツ〜oh my friend〜です。SOPHIAも活動停止して長らく経つね。前の100曲の時は「俺はSOPHIA派だから」宣言と共に序盤の5曲目で挙げていたけどそれ1曲だけだったか。SOPHIA派宣言はなんだったのか。ということで今回はそのSOPHIAの代表曲?2番手?くらいの有名どころの曲を行ってみましょう

 これはSOPHIAのいわゆる全盛期に出した曲で、さっき書いた通り最も有名な曲のひとつだと思われます。オリコン最高位は2位。1位じゃないんだ?SOPHIAは邦楽界のシルバーコレクターとして有名で(そんな有名いやだな)aikoさんと共にオリコン2位を取りまくって1位を取れない人たちでした。aikoさんはずっと後、2009年になってようやく1位を取ったのですが、SOPHIAは結局1位を取ることが無いまま活動停止となりました。悲しい。まあ「HARD WORKER」とかを平気でシングルで出してくる彼らにとって、実際順位などにはあまり執着がなかったのかもしれない

 で、曲なのですが、SOPHIAの中でも有数のメッセージソングです。しかも特定の人への。当時の歌番組へのコメントでも語っていたのでよく覚えているのですが、これは作詞の松岡さんの旧友で若くして亡くなった人物への歌なのだそうです。それを思うと2番の「お前は俺になんて言うのかな?聞こえない」という言葉が重い。重すぎる。そしてもう一つの特徴が淡々とした曲調。これが凄いと思うんだよね。めちゃくちゃ重い内容を持ったメッセージソングの歌詞なのに、曲調はとにかく淡々としている。ドラムはサビ前とか以外ほぼ全てで「タン、タン、タン、タン」と4分のリズムでスネアを叩いているし、歌メロは例えば1番Aメロは「ドドードドドドドド…シシシシシシ…ソソララララララ…」みたいな、感情を感じない。いや感情を殺しているように聞こえる

 PVはテレビ番組の演奏シーン収録を模したようなもので、演奏シーンを使ったPVが好きな俺としては結構好きなPVです。気になるのが1番終わってから突然場面が変わってメンバーがいちゃつくシーンになること。仲良しバンドとして有名なSOPHIAっぽい感じだけど、これももしかしたら悲しい詞の内容を感じさせないようにする意図的なものだったのかなとか、そんなことを昔PVを見ながら思っていました。懐かしいね。ということで今日はこの辺にしておきましょう

 完成まであと73曲

←126曲目 世界中の誰よりきっと    →128曲目 Silent Jealousy
→TEXT_289 曲一覧に戻る
→TEXTに戻る
→TOPに戻る
コメント等ありましたらWebClapからどうぞ