私と1周年

365日の言葉を持たぬラブレター
とりとめなくただ君を書き連ねる
Mr.Children「365日」

 今日のテーマは「一番星の下で約束した日」開設1周年です。2013年6月15日23時42分に開設し、ここまで走ってきたこのサイトですが、ようやくここまで来たということですね。よかったです。生きててよかったです(大げさだね)では何から

 200回目以降何が起きたか。それと前後することになるのですが、1回このサイトに継続の危機が訪れます。それが4月17日。ここまで丸2日自分以外の更新が全く無い状態が続きます。実際すべてのサイトが更新をしていなかったかは分かりませんが、開設当時に100の質問で閉鎖するのは他の人がみんな辞めた時としており、それをなんとなく3日としていたので、もう次無かったら無理かなくらい思っていたのですが、それと呼応するように複数更新が入ってきて、めでたく続行となったのです。桜舞う新年度(もう散ってたと思うけど)の出来事です

 そしてその頃からこのサイトをいつまで続けるのか考えることになります。12月事件によってどんな物事にも永遠は無いのですと結論付けてから半年、何事も無く平和にやってきましたがいつまで出来るのかは気がかりでした。その時から思っていたのが終わらせる方法について。具体的には辞めるときまで全速力で走ったままそのまま消えようと思っていたのです。更新頻度がしだいに落ちていって、これから更新頻度を上げていきます!が最後の更新になるなんて個人サイトあるあるですが、それは悲しいことだと思うしそのようにはしたくないと思っていました。なのでテキストは不定期更新になっていましたが日記はこのまま書いていっていつか来る終了まで書き続けたまま駆け抜けようと考えたのです

 その次に考えたのが終わる時について。バンドが全盛期のまま最高のアルバムが出来たので解散しますなんてかっこいい話ですが、最高のテキストが出来たので閉鎖しますというのもよく分からない話です。どんなテキストだ。それに日記だと最高とか最低があるのかも分かりません。その結果2014年6月15日をXデーとすることにしたのです。ちょうど今日、開設1周年の日に、ここですっぱり辞めるか、命果てるまで続けるか決める。開設11ヶ月の時の拍手返信のことです

 そして今日、あっさりその日が来てしまいました。割と本当にどうしようかと考えていたものの結論は出なく、結局終わりとはしないこととしました。命果てるまでコースです。まあどうなるかは分かりませんが、いつかもう辞める!ってなる時までは全力で駆け抜けようと思っています。なお、日記は毎日書くものというのは俺の個人的な意見です

 さて最後にですが、終わり方なんて事を考えたのは前にどこかで見たムーノーローカルというところの終了の文にあった「作者の意図による終わり」が影響していたような気がします。そうありたいものです。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る