私といなり、こんこん、恋いろは。

京も明日も恋をする。
キャッチコピー

 今日のテーマは、先日惜しまれつつ最終回を迎えたテレビアニメ「いなり、こんこん、恋いろは。」です。日記を頻繁に見てくれてる奇特な方は知っているかもしれませんが、俺はしばしばこの番組をいなりちゃんと呼んでいました(3月16日とか10日とか)名探偵コナンのことは「コナンくん」、黒子のバスケのことは「黒子くん」と呼ぶなど、どうも俺は人名の付く作品はすべてサザエさんのように呼んでおけばいいと思っている節があるみたい。まあこれもサザエさんのような番組、ではないけれど、いい番組でした。心が洗われました。では始めましょう

 さていなり、こんこん、恋いろは。です。今期から首都圏を離れ、朝っぱらからアンテナを立ててBSを楽しむようになったのですが、その変化を象徴するような番組がこのいなりちゃんでした。もともとBSアンテナを立ててまでアニメを見るかと言うと迷いがあり、当時の日記にもアニメと決別するとか配信でなんとかするかとかそのような弱気なことを書いていました。まあ結局こうしてアンテナ立てたのですが、そこで画面に映ってきたのが配信では名前を見なかったいなりちゃんだったのです。つまりそのままだと存在すら知らなかったかもしれない

 つまり俺といなりちゃんの運命の出会いだったのです!(そういうのいいから本編に入ってよ)はい。すみません。えーいなりちゃん。原作はよしだもろへさんによる漫画です。よしだもろへさんアニメで方言指導にクレジットされてたね。話的には、主人公である伏見いなりちゃんという中学生の女の子がちょっとしたきっかけで神様から神通力を分けてもらう所から始まります。その神通力で他の人に化けたいなりちゃんが、墨染さんや三条さん、丸ちゃんといったクラスメイトを巻き込んで騒ぎを起こしたり、他の神様と触れ合ったりしたりしつつ、最終的にはいなりって相当変わった名前だよねっていうお話です(違います)いなりってね。まあ有難い名前なのかもしれんが、なんか渡る世間とかに出てきそう

 何を言っているのか全然分からない。さて、神通力をもらった神様は稲荷神社に祭られている宇迦之御魂神、通称うか様。お美しい女神様です。ちなみに前期ぎんぎつねの冴木神社が祭っていたのも宇迦之御魂神でしたね。つまりその使いの狐のコンちゃんは銀太郎な訳か?ハハハそれはまたえらい変わりようで(別に銀太郎がコンちゃんに変わったわけじゃないけどな)あと大宮能売神、通称みやちゃんって神様もいたけど主に出てきたのは予告でした。かわいかったのに。というかみんなかわいいよね。兄ちゃんもかわいかったよ。うか様の兄ちゃんは変態だったよ

 何だよ。あとこの番組はCMがよかった。いなり、こんこん、恋いろは。ブルーレイが発売けってー!っていう、別にぎんぎつねの時みたいな凝ったCMではなかったのですが、このいなりちゃんの「けってー!」。かわいい。かわいすぎる。思わずこれも録画してしまいました。ここで動画でもあれば分かりやすいんだけど、って、あったー。さすが角川。もう今回はこれが紹介できたのでもう満足です。みなさんさようなら

 何だよ。ブルーレイの宣伝しに来たのか今日は。まあ、最終的に何が言いたかったのかというと素直に一生懸命がんばるのが一番大事だと思うのですよ。それが割とドロドロなりかけたところを爽やかに終わらせたのではないかと思うのです。うか様は見えなくなってもきっといなりちゃんは大丈夫だよね。いなりちゃんは今期一番かわいいキャラだったね。それでは!

 しまったー丹波橋くんのこととか全然書いてないな。恋がテーマなのに。ごめん丹波橋くん

→TEXTに戻る
→TOPに戻る