私とスク水

上はセーラー服 下がスクール水着となっているのがポイントで
木村先生(「あずまんが大王」)

 今日のテーマはスクール水着、略してスク水〜。何かいきなり小堺さんの番組みたいなノリで始まったけどどういうことですか。浮かれすぎじゃないですか。夏ですからね。夏と言えばアニメなどでも必ず海だのプールだのに出かける、いわゆる水着回と呼ばれる回があり、そこで1人くらいこれを着て登場する、それがこれです(違います)ていうかなんだこりゃ。海女か?鈴乃ちゃんのセンスは5世紀くらい先を行ってるな。ではなくてスクール水着。いわゆる学校指定の水着ですね。で、大抵スクール水着は無いだろって突っ込みが入り、その後にまあこれも一部の需要があるからとよく分からないフォローをされるっていう、そんな存在、それがスクール水着

 なんか違う気がするけど…そんなスク水。時代によっていくつかの種類があるということは割と知られているのではないでしょうか。世のスク水ファンには(なんか凄いなそのカテゴリ)種類にもこだわりがあるそうなのですが、個人的にはよく分かりません。というか旧スク水なんて二次元でしか見た事が無いんだけど、これいつの時代のものなんだ?女子中学生の俺が小学生の頃の記憶だと(最近じゃねえかよ)既に新型のイメージしかない…Wikipediaによると80年代から新型が主流になったそうですよ。へぇ…90年代を駆け抜けてきた(なにそのかっこよさげな表現)俺にはちょっと難しかったか。というかそこまで古いと世のスク水ファンにも実物は見たこと無いって人いるんじゃないだろうか

 などと言ってきましたが俺からすれば種類なんかどうでもいい(全否定かよ)いや語弊があるな、つまり何が言いたいかというと、形じゃないのです!同じ紺色の水着で水と戯れる女の子たちという状況こそが価値のあるものなのです!学校の制服とかにも言えることですが、若い頃の限られた時期にしかないものって言うのはそれだけで輝かしい物だとは思いませんか。きらきら。なんとまぶしいのだろう。こんな具合ですよ(全然分かんないよ)

 などと言いながらじゃあ最後に2013年ベストスク水キャラでも探そうかと思っていろいろ検討していたのですが、そこで目に入ったビビオペの水着回を見てこれ作った人やっぱり頭おかしいわって思ってたらもうどうでもよくなってしまいました。いい意味で。あおいちゃんかわいいし(あおいちゃんはスク水じゃなかったよ)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る