私と夏祭り

神社の中 石段に座り ボヤッとした闇の中で
ざわめきが少し遠く聞こえた
JITTERIN'JINN「夏祭り」

 今日のテーマは夏祭りです。理由は今日が50回目の更新だからですよわー!やったー!50回だー。祭りだあああああああてなわけですよ(うるさいよ)今の時期って祭りですもんね。幼い頃は年1回、7月の終わり頃に地元の小さな町で小さなお祭りがあり(多分今でもあるけど)そこに行ってははしゃいでいたものです。淡い思い出ですね。セピア色の思い出です

 今時は流れてセピアに染まるメロディー…(REBECCAか)なんか今日近くでお祭りをやっており、はしゃぐ子供達を見てるとそういうことを思い出したのです。さて、今日言いたいことは終わったので(50回目なのにえらい淡白だな)あとはまあ適当に語っていきましょうよ。祭りってと何ですか。金魚すくいですか。金魚すくいはできなかったなー。未だにあんなぺらっぺらの半紙で生き物を水から掬い上げるという行為ができる気がしない。俺にはヨーヨー釣りが限度だったな。生き物が多分だめなんだろうな。きょうだい達は割とそのあたりいける子みたいで、うちにはそこで得た戦利品を水槽で飼う習慣がずっとありました。おそらく最高記録が5年くらいで、大抵は1〜2年のうちにお星様になってしまうのですが、軒下にどっこい生きてる野良猫以外動物のいなかったうちの家庭にとって、貴重な人間以外の生き物として彼らは存在していたのです

 他はまあ、よくある祭りですよ。型抜きは見たことないけど。そういや無いね。3大アニメとかで見たことあるけど実際に見たことないものだな。「祭りでの型抜き」と「修学旅行での枕投げ」とあと1つはまだ考えてない(だからそれじゃ2大でいいだろ)祭りねえ。あとは花火だよね。うちの小さな祭りでは花火は上げられなかったので、どっちかというと花火大会ってイメージ

 フィクションでの祭りはどうでしょう。とは言ってもあまりに頻出すぎてどっから言えばいいものか。それこそひだまりスケッチで宮子ちゃんに狐が取り付くところから夏だ一番ドラえもん祭りまで。2つ目はなんか違う気がするな。1つ目は懐かしい、1期第2話のエピソードですね。急に走り出す宮子ちゃんとそこにカットインしてくる謎の狐の面。BGMにサウンドオブサイレンスみたいなマイナーのアルペジオが流れる、1期2話という初期の割にえらく異色な雰囲気でよく覚えています。オチはよく覚えていませんが多分ゆのっちによる除霊

 ゆのっちは何でもできるなぁ(いや違うだろ)祭りの歌もそれこそたくさんあるね。JITTERIN'JINNの夏祭りとかね。のちにWhiteberryによるカバー版がヒットすることとなるこの曲、なんか淡い思い出って感じの歌詞ですよね。曲的には楽器がたくさんあるカバー版の方が実は好きだったりする。淡々としたオリジナル版もオリジナルのよさだけど

 つまり何が言いたいかというとキリンが逆立ちしたピアスって、なに?(曲が違う)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る