私と真夏日

炎が力を増した…なぜ太陽は燃えつきないのだろう
L'Arc-en-Ciel「予感」

 今日のテーマは真夏日です。理由?そんなの暑いからに決まってるだろ(いきなり怒るなよ)なんか都心では連続で猛暑日になったってニュースになっているらしいですよ。なんというか、もう外に出ると全身を蒸されていくようなこの感覚。ということで今日は真夏日について語ります

 まず定義についてですが、夏日は日の最高気温が25度、真夏日は最高気温が30度ということです。なるほど。神奈川の一角であるこの辺りの地方ではこの週の初めあたりから最高気温34度とかが続いているので真夏日ですね。最近では猛暑日っていう、もう字面を見るだけで夏のバカヤロー的な気持ちになる言葉もあり、これは5年くらい前に決められた新しい言葉、最高気温が35度を超えるとそうされるらしいです。わずか1度の差でその恐ろしき世界には行ってないけどこれからどうなることやら

 前にも言ったとおり夏は苦手なので、昨日スーパーで買って来たスイカバーでもかじりながらやり過ごすしかない。スイカバーと言えば、幼い頃にきょうだいで隣の市の市民プールに行って帰りにスイカバーをかじるといったような、なんか仲のいいきょうだい風エピソードを思い出すのです(なんか「〜風」とかいうと一気に嘘っぽくなるな)遠い夏の日って感じのね。夏日は苦手だけど夏の日はいいね

 夏の日。Do As Infinityの2ndアルバムに収録のSUMMER DAYSと言う曲がありまして、まあベストにも入っている有名な曲だとは思うのですが、彼らの曲ではかなり好きな曲です。ライブ映えする明るく激しい曲調に、彼らとしては2曲目となる英語による超暗い歌詞。本人としては会心の作品で、英語詞ながらシングルA面にする気まんまんだったらしいのですが、なぜか同時期に作ったrumble fishをA面、これはカップリング曲にされてしまってずいぶん納得いかなかったそうです(ってシングルコレクションの解説で誰かが言ってた)

 そのせいか何なのか後に出たベストにはSUMMER DAYSが収録され、シングルA面にかかわらずrumble fishは外されるという憂き目に会ってしまいます。PVとか含めてrumble fishは割と好きな曲だったので当時は「えー外すんだそこー」って思ったものです。割と前の話ですね。まだ長尾さんがPVに出演してた頃だ。他に夏の日といえばGLAYの「Yes, summerdays」くらいしか知らないのですが、Mステ登場時のヴィジュアル系にも程があるいでたちしか記憶にないので語ることがありません

 割と酷いこと言ってるね。結構いい曲です。さよなら夏の日なんて曲もあったね。それはじゃあ夏が終わる頃までこのサイトが続いてたらその頃に語りましょう。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る