私とガリレイドンナ

あの夏僕は、突然現れた君のせいで
恋というひどくあいまいで抽象的で証明も立証もできない
人類特有の感情を知ってしまったのだ
ガリレオ・ガリレイ(「ガリレイドンナ」)

 今日のテーマは、先日惜しまれつつ最終回を迎えたテレビアニメ「ガリレイドンナ」についてです。この出だしもいい加減書きすぎて「先日惜しまれつつ最終回を迎えた」で検索すると過去の記事がわんさか掛かるのですがそれは別の話です。このアニメはフジテレビ「ノイタミナ」枠で、久しぶりにノイタミナ枠の録画したなーこの枠はTBSと真裏になるので見ることすら叶わない場合も多いのです。ではそのガリレイドンナについて語ります

 原作は…と通常の流れなら行くのですが、これはオリジナルアニメです。企画段階では「ガリレオガール」というタイトル案もあったらしいけど、実に興味深い小説とかぶってしまうので却下になったそうです。話的には、ガリレオガリレイの子孫である3人の姉妹が突如として謎の追っ手に追われ始めるところから始まります。星月ちゃんかわいいからすぐ悪い人たちに狙われちゃうんだね。その狙われる原因となったガリレオが残したとされる遺産ガリレオテゾロを中心として3姉妹、大企業、空賊が入り乱れ、世界中を巡った冒険をしつつ、最終的には偉大な先祖ガリレオガリレイが「小学生は最高だぜ!」と叫んで物語は幕を閉じます

 閉じねえよ。どんな物語だよ。ガリレオテゾロどこ行ったんだよ。そういえば昴さんとガリレオは同じ声の人だったんだね。あと星月ちゃん小学生じゃなくて13歳の中学生だから。そうだったのか!てっきり内田と同じ小学生だと思っていた。星月ちゃんかわいかったねー。今期2番目にかわいいキャラクターだったんだね。1番?それは秘密だよ(なんでだよ)最初内田っぽい子だなと思わせておいて内田の弱点である知能を補強したまさに最強の存在となったのが星月フェラーリという存在でしたね

 大げさだな。バンビーナ率いる空賊たちは(バンビーナは名前じゃないけどな)印象通り味方側に付いて最後助けてくれるも宝はちゃんと持ち去っていったいうなんか好きな感じの終わり方でした。折鶴男ロベルト率いる大企業側については、不幸な過去の回想とか出してきて本当はいい人だったみたいな感じを出すのかと思ったけど、結局悪役で終わったのが好印象でした。そんな好きな作品でしたが、ただ謎が謎のまま残ってしまって星月ちゃん達もこれからだー!みたいな感じになったのがちょっと不完全燃焼。やはり11話構成だからか…!

 あとは主題歌ね。主題歌はOPがねごとのシンクロマニカ、EDがearthmindのイノセントと言う曲でした。どっちもいい曲だったねー。OPは、あまりねごとには詳しくなく、LISMOのCM曲みたいなイメージしかなかったのであんなふわふわピコピコした曲やるんだなってのが意外。ねごとにも興味出てきたな。EDについては今期No.1EDと言っても過言ではない爽やかな曲です。やっぱりこういう曲好きだなーって思うのです。星月ちゃん見えちゃうよ気をつけて

 何が見えるんだよ。ということでガリレイドンナでした。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る