私と変拍子

落ちていく砂時計ばかり見てるよ
さかさまにすればほらまた始まるよ
刻んだだけ進む時間に
いつか僕も入れるかな
Lia「時を刻む唄」

 今日のテーマは変拍子です。芸術の秋なのでちょっと音楽的な話をいたします。いやしないけどね。変拍子とは何かについてはもっと詳しい人が書いているであろうWikipediaで十分ですが、要は2拍子、3拍子、4拍子、6拍子あたり以外の拍子のことです。昨日の記事において金田一少年の事件簿のBGM「the mysterious mallets」が7拍子であることについて珍しいねーって書いたので、今日はその変拍子を使用した好きな曲について書くことにしましょう

 変拍子で一番有名な曲ってなんなんでしょうね。スパイ大作戦のテーマとか5拍子で超有名な曲ですよね。後にミッション・インポッシブルのテーマとなったときも同じメロディでしたが、「テレレ〜テレレ〜」以降が4拍子になっててちょっと聞きやすい。5拍子というとジャズで有名なTake Fiveっていうのがあるけどジャズとか一番不得手な分野なので…歌謡曲にしましょう

 歌謡曲で5拍子っていうとLUNA SEAのSTYLEというアルバムに収録されている「RA-SE-N」が5拍子ですね。AメロBメロサビが5拍子で続いて大サビで力尽きて4拍子になるって曲です(力尽きはしてないと思うよ)シングルA面だとSIAM SHADEの「NEVER END」がサビ以外を5拍子でやってます。A面でそういう曲を持ってくるって冒険だよね。下手すりゃなんだこの曲ってなるかもしれないし、もしかしたら全国100万人の変拍子ファン(多いな)の支持を得てミリオンヒットするかもしれない

 変拍子のミリオン。というともうこれしか思い浮かばないのですがL'Arc-en-Cielの浸食〜lose control〜。ちなみに売り上げは93万枚で、ミリオンには行っていません(嘘かよ)いや別にミリオンと聞いて思い浮かんだってだけでミリオン行った曲とか言ってないし…この曲はAメロは4拍子ですが、サビに入る直前で4拍子+2拍子+4拍子+3拍子の13拍子となり、サビに入ると3拍子+3拍子+2拍子+4拍子+3拍子の15拍子となり、最後に3拍子に落ち着くという圧倒的に変な曲です。個人的にはこの変な感じがやたらツボに入って当時3枚同時に出したシングルでこれが一番好きだったのです。今でも一番好きです

 では変拍子でミリオンは無いかということですが、GLAYの年間1位も獲得した「誘惑」のイントロが7拍子ですね。これが一番売れた変拍子なのかな?変拍子のイメージ無いけどねー。さて、他なんかありますか。ヴィジュアル系以外でなんかありますか(確かにヴィジュアル系ばっかりだな)なんか、スピッツみたいな感じのバンド。何それスピッツに喧嘩売ってるの?スピッツの超ヒットしたアルバムのハチミツ、そのタイトル曲のハチミツが出だし4拍子+4拍子+2拍子の10拍子からなる変な曲ですね。しかも歌の入りが前の小節の最後からなのでますます変な曲感がする

 なんかそういう変な感じがツボになるのが変拍子の魅力かもしれませんねということで終わりです。結局何が言いたかったかというとハチミツってPVあったんだってこと。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る