私とX JAPAN

全国のお茶の間に!!!
TOSHI(1994/12/30 ライブ「青い夜」MC)
(ミュージックステーションの中継があったことから)

 今日のテーマはX JAPANです。TOSHI「ウィーアーーー」観客「エーーックス」TOSHI「ウィーアーーー」観客「エーーックス」というやり取りを延々とやっているバンドです(まあ確かにやってるけど)話によるとあのやり取りだけでライブ時間の4分の1は使っているらしいですよ。そんなことないですか。ではまあいつものように出会いから始めましょうか

 最初にXを見たのはいつでしょう。よく分かりませんが、ふと録画されていたミュージックステーション10年の歴史みたいな番組で映像を見たのが最初かもしれません。その名のとおり1986年に開始したミュージックステーションの1996年までの映像をまとめた番組で、VHSテープがいかれるまで見ていたのですが、それに93年くらいのX JAPANの映像があったのです。10年間の映像なので1曲1曲はそれほど長くなかったのですが、よりによってその長くない映像のうち歌部分は「心燃やせ〜」だけで、あとはひたすらメンバーが暴れまわる映像だったのです。YOSHIKIさんがドラムの椅子をぶん投げてカメラさんに当たる(なんか最近も書いたなこれ)あれです。もう当時の俺はこれを見て曲を聞くこともなく「分かった。この人たち怖い人だ」と強く思ったのです

 きっとこのドラムの人はカレーが辛いからってリハーサル拒否するような人だって(どんな人だよ)なので、後でTearsみたいなきれいな曲を聞いたときはびっくりしたものですよ。で、残念ながらテレビで実際に見た記憶があまりなくて(怖い人だと思ってたしすぐ解散したから)最後の解散ライブ終わりで出た紅白は凄かったなー。あれが最後ってなんかもったいないよね。ライブ終わりだから仕方ないけどねー

 さて。X JAPANといえばそのキャリアの割にオリジナルアルバムが4枚しかないという寡作な人たちです。hideさんがミュージックステーションに出たとき、タモさんと「X JAPANアルバムがようやく終わりまして」「やっとできた?まだできないまだできないって」「雑誌見たら5年ぶりって…」みたいなやり取りをしていたのですが、それがDAHLIAですね。ドキッ!シングルだらけのアルバム(PATAもあるよ)みたいな感じの。どんな感じだよ。最初の頃に比べてTOSHIさんの声がとてもきれいです。このアルバムのオープニングを飾る曲がアルバムタイトルでもある「DAHLIAなのですが、これXの曲で一番好き。基本的に音楽はきれいな曲が好きなんですが、一番激しさときれいさが融合している曲だと思うのです。到達点

 一部分で言うとSilent Jealousyのピアノからギターが入る部分(5分前後あたりの)とかね。鼻血出るよね。大体こういう感じの大げさな曲が好きってことですか。雰囲気に飲まれるタイプだな。いやまあこじんまりとしたのもいいと思うよ。やしろ食堂で演奏したオルガスムとか。いいじゃないの

 ゲイリー・ヨシキじゃないかこれ。ヘビーメタル界最高の男の。ほんとこの人たちはよく分からない人たちですね!ではまた

→TEXTに戻る
→TOPに戻る