私と一人称

新しい朝が来て暖かな涙を手のくぼみに受けて
生まれた想いを太陽に隠した"I say goodbye..."
the brilliant green「I」

 今日のテーマは一人称です。なぜかというと、今日地震あったじゃないですか(知らないよ)あったんですよ。それでネットでは地震とかどこの田舎だよって言われるじゃないですか。で、もしかしてうち、田舎にすんでるのん?ってなるじゃないですか(なら…ないと思うよ?)ところで6話のこまちゃんが恐怖のあまり「うち、分かってるん…」って訛りが出ちゃうところ。超かわいいじゃないですか。そういうことですよ

 どういうことだよ。全然分からないよ。11月も半ばに入ってどどっと新サイトが増えて、その中で押し入れに隠された妖怪さんがデザインとか気合入ってるなって思ってて、その中で一人称の記事があったのです。実際にはそこがきっかけなのです。ちょっとここは一つ言っておかなければならないということです。このサイトを5ヶ月続けてきましたが、その中で「私と○○」というタイトルを付けながら文中では一貫してという一人称を使っている件です

 割とどうでもいいなそれ。というのは2chでも何でもネットでは常にこれで、特に2chでは10年前ならともかく今はほとんどの人が俺なので名無しとして目立たないようにそうしています。「私と○○」っていうのは1回目の「私とテキストサイト」の時に、なんか感想文って私と○○っていうタイトル多いよねって思ってそんなタイトルにして、それ以来全部その形式にしてしまったという割といい加減な経緯があり、その辺で矛盾が生じてしまったわけですね

 さてさて。女子中学生が俺とか言うのはどうかと思うのですが、実はネット外では俺は使わず一貫して僕を使っています。ネットで人格が変わるあれですね(多分違いますね)なのでネットでも現実と繋がっている、要はmixiのような場所で俺とか書いてたときに1回反応されたことがあります。キャラが違う!偽者だ!

 偽者ってこたないだろ。いろいろ使い分けてると大変ね。言うほど使い分けてないけどね。歌での一人称の話でもしましょうか。女性が僕というのは浜崎さんとか最近ではAKBさんによく見られますね。マイラバのHello, Againは彼らには珍しく「私/あなた」ではなく「僕/君」というフレーズを用いています。ベストアルバムの解説によるとこの詞がそもそも少年をテーマにしているらしいのですが、代表曲にして異色な曲って感じですね。野郎が私とかはもういいですか。なぜかポルノグラフィティのサウダージを思い出した。そういう変わった詞に関していろいろ背景を考えるのも面白いかもしれませんね

 ということで終わりですが、最終的に何が言いたかったのかといえば…そういえば言い忘れてたけどネット上でもどのアニメキャラスレに書き込むときは僕って言うな(どうでもいいわ)ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る