私と映画ドラえもん

ポケットの中にも空がひろがり
ポケットの中にも雲がながれる
こんなすてきな世界があるんだよ
ボクと君が旅する世界
大山のぶ代/ヤング・フレッシュ「ポケットの中に」

 今日のテーマは映画ドラえもんです。またドラえもんですか。なぜかと言うと特に理由も無いのですが、今でも定期的に作られてるんだねドラえもん映画。リメイクと新作が交互に作られているらしく、今年は秘密道具ミュージアムなるものを、次は大魔境のリメイクだそうです。おおー。ヘビー・スモーカーズ・フォレスト!出木杉くんの大長編史上最大の見せ場でありながらそれに対してのび太くんたちが「何言ってんだこいつ」みたいな顔してるあれですね(そんなこと無いと思うけど)腹ペコだからペコってまた安易な名づけ方だな!っていうね。そんなドラえもん映画ですが

 そうですね最初に見たのは多分雲の王国だったと思います。途中でドラえもんが壊れて狂ってしまうシーンがまさに狂気あふれるシーンだったのと、最終的にドラえもんが特攻隊のごとく捨て身の攻撃をして結果死んでしまう(生き返るけど)というハードな作品です。ちなみにその翌年のブリキの迷宮ではドラえもんが電気による拷問を受けたあげく海に捨てられるという展開であり、まさにドラえもん受難の時代。あと最後のブリキの悪玉たちがコンピュータウィルス(1993年当時珍しい言葉でしたね)によって狂わされるシーンがまさに狂気あふれるシーン

 怖いですねドラえもんって(怖い映画ではないと思うけど)一番怖いのは日本誕生での時空乱流を説明するシーンですけどね。なぜ原始人のククルくんが現代に来たのかというシーンで、時空乱流に巻き込まれた人間は「そのまま永遠に亜空間をさまようか、運がよければどこかの時代に出てくることもある」と淡々と語るドラえもん。無表情ですよ。原作では眉毛が入ってて困った表情に見えるのですが、映画版でのこの無表情。子供たちびびるっつうの

 日本誕生は何気に一番好きな作品なのです。分かりやすい「大冒険」をしていて、なおかつ受難の時代みたいな明確なダメージを受けていない。地底に閉じ込められるけど。いいバランスです。さて。映画ドラえもんといえば主題歌が特筆すべきですね。宇宙小戦争の「少年期」は古い作品でありながら人気のある楽曲です。個人的にはブリキの迷宮の主題歌である、オールスター感謝祭でおなじみの島崎和歌子さんがアイドル歌手だった頃の「何かいい事きっとある」が印象深い。あと冒頭に書いた恐竜の主題歌「ポケットの中に」

 ということです。他にもまあいろいろと言いたいことはありますが、最終的に言いたかったのは結局、荷物運び用お荷物ってなんだったのってこと。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る