私とぬいぐるみ

目覚めた私の枕元
大きなクマのぬいぐるみいました
隣にいるはずのあなたの
姿と引き換えに
浜崎あゆみ「teddy bear」

 今日のテーマはぬいぐるみです。急にまた妙なテーマを出してきたのですが、なぜですか?テレビでこまぐるみ見たからですか。こまぐるみの商品化はまだですかね?そんなん出たら経済的な最大限の努力は惜しまないですよってことを今日は言いたかったので今日はこの辺で

 終わりかよ。どんだけ短いんだよ。いやまぁぬいぐるみについて語れって言ってもねぇ。女子中学生だし(女子中学生は持ってそうだけどね)そんな語る以前にぬいぐるみ自体が…あるわ。びっくりした。しかもUFOキャッチャーで取ってきて何となくあるみたいな感じじゃなく、大昔からあるいわゆるガチなタイプなのが。幼馴染系の

 さて、何のぬいぐるみかというとビーバーです。理由はVIPPERとビーバーの華麗なる押韻。ラッパーの血が騒ぐぜ的なあれです。実際ビーバーのぬいぐるみってめったにあるものではないと思うのですが、実家にあるエアコンが基本的にビーバーエアコンで、その販促グッズとしてキャラクターのビーバーくんがぬいぐるみになっていたのです。それがこれ。いやでかい奴じゃないですよ。その下に出てるアホ面のちいさな奴です。このぬいぐるみをきょうだい3人1体ずつ持っていたのです。就学前からだからもう20年以上の付き合いで、もうここまで来ると下手に捨てたりすると化けて出るくらいの念は入っている気がします。ほら小吉さんみたいに

 いや小吉さん化けて出てないからね。小学生くらいの頃はそいつらと割と濃い付き合いをしていたのですが、中学生くらいになって倦怠期になり距離を置くことになります。なんか本棚の奥あたりに置いていた気がする。まあそのくらいの年でぬいぐるみはねぇ。で高校生くらいになったとき突如として本棚の奥から出てきたのです。その理由は分からない(化けて出たんじゃない?)のですが、それ以来今に至るまでずっと目に届く位置にいて今に至ります。一回距離を置いて分かるなんたらみたいな感じだね。いい話だなー

 いい話かなぁ?それ以外は特にぬいぐるみに縁のある生活ではなかったですが、90年代終わりくらいの時にドラえもんが女子高性方面にブームになったときがあって、いまだにあのムーブメントは謎だったんですが、その頃ドラえもんの実物大ぬいぐるみが10何万で売られているって本に書かれていたのです。すっげーこんなの誰が買うんだろうって思いつつ、この1400円の小さなのはあってもいいなーって思っていました。結局手を出すことも無く、手元には未だにこのアホ面のビーバーしかいないのですが、いい思い出です…って、今でもあんのかよ実物大ドラえもん。19万ですか。っていうかでけえ。ドラえもんってでかいんだな。こんなんがネズミー!!!とか言いながら突進してきたら失神する自信があるわ

 やっぱこまぐるみくらいが一番いいですよ。実物大こまぐるみ(それはいろいろとダメだろ)ということでぬいぐるみでした。ではまた!

→TEXTに戻る
→TOPに戻る